2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
 
 

「麻の葉」の手ぬぐいは、伊勢型紙、注染染めという昔ながらの伝統的な技を受け継いだ
熟練の職人の手により一枚一枚丹精込めて染め上げられます。
手ぬぐいを通して世界へ、江戸の粋をお届けいたします。

 
 

伊勢型紙とは
 
手ぬぐいや着物などの絵柄を生地に染めるために使われる伊勢型紙は、重要無形文化財に指定されている伝統工芸品です。江戸時代に発達した型紙の産業は、時代を経て、現在は型紙を作成できる職人が減ってきています。手ぬぐいをきっかけに、この伝統的な技術を少しでも多くの皆さまにも知っていただければ幸いです。










 

 
注染染めとは
 
注染染めは日本独自の伝統的な染色技法です。表も裏も同じ色、同じ濃淡で出来上がることが特徴です。伊勢型紙を使い、染め職人により手染めされた手ぬぐいには、優しい風合いと鮮やかな色彩が広がっています。ぼかしなど熟練の職人による染め技法も魅力です。一枚一枚手作りのため、同じものはありません。












ページトップへ